agraph

1983年生まれ 東京都出身
2003年からテクニカルエンジニア、プロダクションアシスタントとして電気グルーヴ、石野卓球をはじめ、

様々なアーティストの制作、ライブをサポート。
ソロアーティストとして、2007年に石野卓球のレーベル“PLATIK”よりリリースしたコンピレーションアルバム

『GATHERING TRAXX VOL.1』にkensuke ushio名義で参加。2008年12月3日、ソロユニット“agraph”として

デビューアルバム『a day,phases』をリリース。日が暮れまた明けてゆく様をアルバム一枚を模した、

静謐でインテリジェントなエレクトリックミュージックは、石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と

言わしめたほど、クオリティの高いチルアウトミュージックとして各方面に評価を得る。
2010年11月3日、前作で高く評価された静謐な響きそのままに、より深く緻密に進化したセカンドアルバム『equal』を

リリース。2011年、agraphの活動と並行して、ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、

田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)との新バンド、LAMAのメンバーとしての活動もスタート。
また、クラムボン、ミトとのDJユニット、2 ANIMEny DJ’sの活動も注目されている。