Kenji Endo(strobo/EUREKA!/Unite Music)

2007年8月に赴いたサンフランシスコでアメリカ西海岸ならではのハウスミュージックに感銘を受け帰国し、同年9月よりDJとしてのキャリアをスタート。2008年10月にはWOMB SUNDAY AFTERNOONのレギュラーパーティを立ち上げ、主宰すると共にレジデントDJとして活動。その間 2009年にはドイツ・フランクフルト、オッフェンバッハ、イギリス・ロンドンに赴きヨーロッパならではのハウスミュージックに触れ、ダンスミュージックの多様性を感じ帰国。その後2010年6月から約二年間国内レーベル Apt. International主催のSEASONSで約二年間レギュラーメンバーとして活動。その間 2011年にはFREAKS VILLAGEに出演。2012年にはDJのキャリアをスタートさせてから5年の節目としてFreerange、Dessous、Cécille、Rekids、Bass Culture、Lazy Days、Plastic City、Finaなどのレーベルと契約しUnite MusicからオフィシャルライセンスミックスCD “One”をリリース。同時に国内アーティストとコラボレーションし日曜日の午後に開催されているstrobo、Quality House Musicをスローガンに海外の旬なアーティスト・レーベルとコラボレーションし独自のハウスグループを発信するEUREKA!のレジデントとして活動をスタート。2013年10月には京都を拠点とするレーベル“Outdraw Music”から“Ume / Saru (Kenji Endo Remix)”をリリース。2014年8月にはカナダ・モントリオールを拠点とする新レーベル“Kizi GardenRecords”から彼に強く影響を与え、彼のハウスミュージックのバックグラウンドとなっているアーティスト・レーベル・ジャンルのエッセンスを表現した“TheBackground EP”をリリースすることが決定している。